住宅模型を持つビジネスマン

 

今は資格の時代と言ってもいいほど、資格がとても大きな力を持っていることが多いです。
そんな資格の中でも、特に人気の資格が宅地建物取引主任者です。
宅地建物取引主任者の資格は今日本で一番人気国家資格で目指す人が多くいます。
宅地建物取引主任者の資格試験について詳しく調べていきましょう。

 

★宅地建物取引主任者とは?

宅地建物取引主任者とは、宅地・建物の売買・交換・貸借の契約のために欠かせない大事な点を説明する人のことです。
通称は宅建と呼ばれる国家資格です。
もともと建物・宅地の売買において公正な取引が行われるために設けられた国家資格です。
不動産取引業者は、5人に1人の宅建資格者を置くことようになっています。

 

★宅地建物取引主任者の資格の取り方

宅建試験は、毎年20万人の受験者を抱えるとても人気の資格試験の一つです。
日本の主要企業でも資格取得が薦められている資格のナンバー1なのです。

宅建取引主任者になるためには、国家資格である宅建取引主任者資格試験に合格することが最初のステップとなります。
各都道府県に資格登録を済ませて、取引主任者証として交付を受けます。
資格登録としては2年以上の実務経験が必要となっています。
ただ登録実地講習というものを受けると、実務経験を必要としません。さらに資格取得後も、登録講習があり、常に知識のアップデートが求められます。
講習内で修了試験を合格すると、登録講習を3年以内免除してもらえます。

 

★宅地建物取引主任者資格試験の難易度

宅地建物取引主任者資格試験は年に1回、各都道府県で実施されます。
合格率については、その年によって変化してくるものの、多くの年で15~17%前後といわれています。
合格ラインは6割から7割といわれていますので、全50問中30~35点位といえます。
ただその年の問題の難易度により、合格ラインが下がることがあります。
一般的に2年から5年ほどかけて資格を取得する人が多いです。

 

★宅地建物取引主任者資格試験は難しいの?

人気のある資格試験として多くの人が毎年挑戦しています。
年に1回の受験チャンスになってしまうために、ケアレスミスなどで不合格になってしまうこともあります。合格ラインよりも上の40点ほどを目安に勉強するならば、合格する可能性も高くなることでしょう。